Warning: Use of undefined constant moretag_custom - assumed 'moretag_custom' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hasegawa-horie/www/hasegawa/blog/wp-content/themes/hasegawa/functions.php on line 330
小顔矯正・O脚・産後骨盤矯正・ダイエット│はせがわ堀江整骨院ブログ

はせがわブログ



スポーツ障害~踵の後ろの痛み~

こんにちは☆ミランダ・カーが来日して、みんなが「ミランダ・カーさん」と呼ぶと「ミランダ母さん」に聞こえてしまう長谷川です(笑)

今回紹介する事例集は先日来院された方のスポーツ障害です。

症状

サッカーを2日間連続で行っていると踵の後ろに限局的な圧痛が発症。サーカー歴は長く、腓腹筋の硬さをチェックするとやや硬め。視診で見てみると踵骨隆起の肥大化が見られた。

index3

これはサッカー歴が長いのと、腓腹筋の硬さからアキレス腱の踵骨の付着部にストレスがかかり続け微小な剥離が起こり石灰化したものだと思われる。膝でいう成長痛から来るオスグット病みたいなもの。歩行痛があると聞いたが、実際に院の中を歩いてもらうと痛みがない。歩行痛は靴のヘリが圧痛部位に当たるために出ているものだと思われる。

index2

処置

受傷より1日で急性期なので、アイシング15分、腓腹筋の硬さを取り除きアキレス腱付着部のストレスを軽減したいので下腿のマッサージ5分。ストレッチは行うと症状悪化する恐れがあるので行わず。最後に圧痛部分に靴のヘリが当たらないようにO字型のパットをあててテーピングで固定。自宅でも時間が許す限りアイシングをするようにアイシングの行い方を指導。

3日後、再来院。圧痛は大分軽減されていました。念のためにまだストレッチを行わずにマッサージで治療。受傷より1週間後にはほぼ完治していたのでストレッチを治療に取り入れ、患者さんにも再発防止の為ストレッチの行い方を指導。計3回の治療で完治です。

スポーツ障害は初期の処置がとても大切です!それによって治り方の速度も全然違います。RICE処置。とても重要ですね☆

********************************************

交通事故治療、肩こり、腰痛、小顔、O脚X脚など
骨格矯正の治療なら
はせがわ堀江整骨院
http://www.hasegawa-horie.com/
06-6556-9957 予約優先制

当院では予約優先制となっております。
予約なしで来られるとお待ちいただくことがありますので、
御来院の際は電話またはWEBにて確認ください。

大 阪市西区の整骨院・接骨院。西大橋駅4番出口すぐ、四ツ橋駅4番出口徒歩3分、心斎橋駅徒歩10分。骨盤矯正、3D小顔矯正、O脚矯正、交通事故治療、む ち打ち症状、リラクゼーションよりも効果の高い力学療法。あらゆる症状、骨格から矯正、整えることにより改善します。交通事故でお悩みの方は提携している 弁護士を紹介させていただきます。24時間web予約。深夜診療、休日診療、日曜診療やってます。

 

 

公開日: 2015/04/16 最終更新日: 2015/04/16